あ、私がモリヤンヌです。

ダイバーキリンのドラムのモリヤンヌがバンドマンしながらWEBデザイナーになっていくのをWEBデザイナー視点から記録します。

「WEBデザイナーという職に行きつくまで(後半)」

さて。自分で書いといてあれですが、私の文章読みにくいですね、、バンドのブログ書いてる時も思ってたけど。。これから改善していけるといいなあと思いつつ、先ほどの続きを書きますね。

WEBデザイナーという職に行きつくまで(後半)

WEBデザイナーという職が気になり始める

前職に違和感を覚えながら、ほぼ同時くらいになぜかWEB業界を仕事にするってどうだろうかっていう気持ちが芽生えてきます。「なぜか」というのが何度も考えたのですが、何がきっかけだったか覚えていません。ただ、

バンドをしている中で、フライヤーポスターMVなどの宣伝をしたり、どうやって動こうかを考えたり、売れてる奴らってどういうプロモーションをしてるんだ?っていうことを考える機会はたくさんあって、その中で

今の時代はWEBを制する者が世の中を制しているといっても過言じゃないなあ

と、大げさではありますが、感じることが多くありました。

文字にしてみると、そりゃ今の時代そうだよな~って感じではあるんですが、それを肌で感じるのと、文字で見るのとは全然違うと思うのです。これについてはまたそのうち書けたらいいかなあと思っています。(だからと言って、WEBの力で自分のバンドがバチバチ売れるようにしてやるぜ!というわけでもないことだけ先に書いておきます。)

WEBデザイナーに会いに行く

私はフットワークが軽いです。気になり出したら止まらないので、「WEBデザイナー 未経験」とかでググりまくりました。すると、タイミングよく来週に「未経験でWEBデザイナーになりたい人の交流会」というのが、家から自転車で行ける距離で開催されることを発見!これはいかなきゃ!と思って参加申し込みをしました。

先に言っておくと、これは本当に行って正解でした。

行ってみるとWEBデザイナーさん一人とその他の職業でWEBデザイナーに興味がある人たちが集まっていました。あくまで交流会ですので「なり方」を教えてもらうのではなく、どういう経緯でその人がWEBデザイナーになったのかを話してもらって、素直な疑問をそれぞれ投げかけたり、逆に何故WEBデザイナーになりたいかを話し合ったりしました。今の時点で、この交流会に参加してよかったなあと思うのは

  • 未経験は不利ではあるが、就職は(若いとなおさら)できる
  • WEB業界はブラックばかりというわけでもない
  • フリーランスという選択肢がある(PC一台あればできる仕事である)
  • 勉強は一人でするより誰かとした方がいい

というのを知れた点です。

ブラックかどうか、フリーランスという項目に関しては、長くなりそうなのでまた別の記事に書こうと思います。

簡単に書くと、交流会に参加した結果、WEBデザイナーになる決心がつき、私は定期的な勉強会に行くことを決め、就活をはじめ、そしてこの交流会から約1か月で就職先が決まりました。自分でもびっくり。行動してみたもん勝ちやな、って思いました。

整理してWEBデザイナーになろうと思った点は以下の通り

  • 土日休日にできる
  • 転勤なしで仕事ができる
  • 人とコミュニケーションを取って、自分で考えて作るのは自分に合ってる
  • 将来的にフリーランスになれたらもっと自由な働き方ができる(=社会人であるよりバンド活動に専念しながらお金がもらえたら最高)
  • 今の時代、終身雇用は崩壊してると思うので、生き抜けるスキルや自分で考える力がほしい

頑張れば、私の理想の働き方ができると思ったのです。

そんな私も今日からWEB制作会社の会社員です。

どうなるかはわかりませんが、私を含めて社員4人の小さな小さな会社で働き出します。これまで自分の考えをフランクに吐き出して、それを受け取ってくれたので、きっとうまくいくと信じています。楽しみ。

毎日コツコツ、しっかり働いていきたいと思います。

では今日はここまで。